2008年03月03日

 障害と化粧と音声連動振動











障害と化粧と音声連動振動


・90年代後半 乙武 洋匡( おとたけ ひろただ )
がメディアに登場した。



まだ、やってない事は、とても多いのだけど。
その様な事は、機会があればやる人なんだね。
( 困ったもんだ・・・。 )

その内の一つが、障害を持つ人へのアプローチである。
私は、韓国・中国が嫌いだの、障害者が醜いだのと
まあ、ワザと言ってるのだが。
( 日本は非難されるのに、日本が非難してはダメ的なトコあるよね。 )

心に感じた事を、正直に出しているのも、事実である。
正直に、口に出す。
本人の前では、失礼だから言えないが。
( ネット上の匿名性は、世界的に日本がズバ抜けてるらしい。 )

障害を持つ人に、異質感を感じたり。
特に、知恵遅れ独特の風貌など、心は正直に醜悪だと感じる。

私も大人の端くれである。
当然、相手の立場になって考える。

知能障害の親になるかもしれない・・・とも想像する。
交通事故で、五体不満足になるかも・・・とも考える。

今、健常は、明日障害の可能性であり
その可能性は、生きる限り続き
年と共に確率は上がっていく。

私にとって、表現する両の腕・思考する脳みそ、これは変えがたい財産である。
まだ、腕はいいが
脳に関して・・・思考する事への障害、若年性認知症など、恐怖である。

その恐怖と闘っている人達がいる。

私の命で、それが救えるなら、なんぼでも差し出す。
しかし、そんなバカな行為で解決する様な、バカな問題ではない。

乙武さんの出現で、障害に対して新たな感覚を持った方は、多いであろう。

 テレビで顔のアップ。
 「 誰、これ? 」
 おしゃれなスーツを着た体が、映し出される。
 「 えっ? 」
 皆、一様に驚いた筈だ。


この事は
私の長年の妄想が具現化した、と云う事だった。



つづく
posted by ギャラリーZzz 臓図 at 14:50 | TrackBack(0) |   ・  障害と化粧と音声連動振動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
カテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。