2008年03月25日

 横尾忠則 & 小泉純一郎 (前)

≪ 約1年前の論です。 ≫


NHK人間ドキュメントで横尾忠則
「 老人宣言 」
というのを見ました。
ううっ、美術作品創りたくてウズウズしました。
( で〜も創らない )

横尾さんを知らない人、結構いると思います。
その作品群も有名ではありますが、芸術好きに有名なだけであって、世間のスポーツ好き大多数は
「 誰それ? 」
でしょう。

気になる人は、ネットで調べて下さい。
一応、凄い人です。
番組中も親しい人として、美輪明宏・荒又宏・瀬戸内寂聴などがインタビューに答えてました。
三島由紀夫・唐十郎とも仕事してます。

戦後を代表するイラストレーターです。
今は画家です70歳。

今現在の横尾忠則の写真を、70歳というのを念頭にして見て下さい。



この番組を見る直前に、小泉元首相の事を考えてました。
「 小泉ブームが来たな 」
と、外した考えをしてたんですが、安部さん関係なしに、小泉さんを今考えると、何だったんだろう?
と思います。

まあ長期政権だったんで、皆一様に小泉さんの事を考えた事はあると思います。
私的には、時代の渦中にいると、よく観得ない事が解かっていたので、深く考える事はしてませんでした。





えっと、今困っています。
横尾さんと小泉さんを結びつける線が、曖昧なまま書き始めてました。
着地点が見えないまま、行っちゃうんですが・・・才能と性格の話です。





横尾さんの作品、あまり関心がなかったです。
小泉さんの政策にも、燃えるものがなかった。

で、今その不透明だった部分を解釈しようという事です。
個人的タイミングなので、キャッチィじゃないかも?と思います。


少子化は、5〜10年後に上向きます。
中国は、10〜20年後大改革が起きます。
という方が、まだキャッチィかな。


この2者が、なぜ不透明だったか?を考えた訳です。
時代が象徴?する自己不在。
と、無理やり結び付けます。


横尾さんは5歳の時に、模写の天才と呼ばれたそうです。
私が才能論でよく言う
「 もの心ついた組 」
です。
この人の作品は、一枚の絵にたくさんのモチーフが描かれています。

人や動物・風景・生物・キャッチコピーなんでもありのごちゃ混ぜです。
よく言えばおもちゃ箱、悪く言えば散漫。

・・・そう散漫だったんです。
最初に作品群と書きましたけど、群になって初めて意味をなすタイプ。
その点は、写真ジャンルと似ています。

そして、模写の天才と言われた。


小泉さんに関しては、もう少し煮詰めないと私自身すっきりしないんですが、横尾さんには芸術論として納得しました。

それは、NHK番組で二股道。
「 Y字路 」
を描いていると紹介されたからです。
良かったです。
「 Y字路 」
そのテーマ良かったです。


初めて横尾さんの作品を、評価できました。

この時、解かりました。
この人、モチーフ( 題材 )の選び方が出来ない。
苦手な人なんだと。
番組の構成で見る限りは、多分最近この「Y字路」横尾さんは発見したんだと思うのですが、70歳になってやっと題材が選べたんです。

まあ、遅いっちゃぁ遅いんですが、みうらじゅんなんかが随分昔に開拓して、ギャグ的に確立した感覚・題材を、この人は今更見つけた訳です。



解説すると、横尾さんがイラストレーターとして活躍した時代、そんなにモノが溢れている時代ではなかった訳です。
模写はその中で、貴重な娯楽のリサイクルだった訳です。

物のない時代から、氾濫・処理する時代に向かう中で、横尾さんの作品は物がたくさんある情景を描いてきた訳です。

この人の作品群は、自己の無さを埋めようとして来た。
溢れる豊かさに憧れていた。
時代は、社会を物で埋めようと頑張ってきた。

そこと、シンクロしたんじゃないでしょうか。



つまり、確固とした何かで成立しているのではなく。
苦手・足りなさ・欠陥で発展したんです。


横尾さんの対談集を一冊持っているのですが、対談相手がどこの誰やら解からない、どちらかと言うとマイナーな胡散臭い人達が相手でした。

このセレクションに ?? と思っていて、今回の判断材料にもなったんですが。
横尾さんには
「 何がいいか解からない 」
訳です。
だから流行のモノ・目に付くモノを片っ端から絵の中に封じ込めてきた。

そしてテレビ番組が、タレントを片っ端から並べる時代に移り始めた時、中心の題材・確固としたテーマを求めて画家に転身した。




次は、小泉さんです。

皆さんは、小泉さんが何だったのか、解かりますか?

私もまだ掴み兼ねているんですが、小泉さんが、変なおじさんだった事は間違いありません。
( 政治的評価ではありません )
日本の総理史上、最初で最後の
「 変なおじさん 」
だったのかも知れません。

日本は、自国の代表を、国民が決める訳ではありません。
この様な変なおじさんは、アメリカではまず出てこないでしょう。
成熟社会を問われる現代に於いて、小泉さんは未成熟(日本)の象徴として、時代が読んだのかも知れません。


様々な小泉現象がありました。

石原都知事が
「 純ちゃん 」
と呼んでました。( 遠縁らしい )
「 人事の天才 」
とも言ってました。

石原都知事はこの間、東京マラソンを実現し、ディーゼル車排ガス規制・銀行税・カジノ構想など、一発で解かる政策を出し続けています。
( 東京の大赤字に、このやりまくりが一役買っているらしい )


私は、この石原的政策企画力が、純ちゃんに欲しかった。
総理就任直後、ハンセン病訴訟に決着つけさせたでしょう。
あれが続いて欲しかった。

小泉さんが首相の間、娯楽性はバツグンでした。
それは認めますが、真の娯楽は実を伴ないます。

郵政民営化は成し遂げたんですが、実効はもう少し先でピンと来ない。
たいした事をした割には、何だか解からず去っちゃった。


「 劇場型やり逃げ犯 」
そんなトコでしょうか。



物事の遂行には、ステップがあって長い間終わりません。

若者時代の夢は叶えるものであって、叶えた後を真剣に考える人は稀です。

小泉さんは、自分の夢を叶えて満足して去った訳です。
「 青春の夢実行犯 」
そんなトコでしょうか。


横尾さん・小泉さん(石原さんも含むか)で、思いつく2者キャッチコピーは、何にしましょう?


・強靭な精神を持つ子供?
・夢を追い続けた大人?
・妥協なきワガママ?





ところで・・・医療のシステムは、かなり大人です。

病気・怪我・老い等の身体問題に対して成立するのが、医療なんですが、基本的対応システムは以下の様になります。



 予兆(症状など)
 ↓
 問題(病気など)
 ↓
 分析(検査など)
 ↓
 対策(治療など)
 ↓
 解決(復帰など)
 ↓
 防止(予防など)


まあ、これがグルグル回る訳です。





後編につづく・・・

 
posted by ギャラリーZzz 臓図 at 01:28 | TrackBack(0) |   ・  横尾忠則 & 小泉純一郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
カテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。