2008年05月27日

 みちなりのみちのり

道のりは、まだまだ険しい訳ですね。



実を言うと、私達人類の敵・乗り越えなくていけないモノは、自然な訳です。
( まあ、それさえも自然なんですが )


つくづく思うのが

「 世 界 は 変 わ ら な い 」

という事です。

若い時は
「 世界は変わる 」
という意識が強く。

年を経ると
「 世界は変わらない 」
事に気づく訳です。
( まあ、それでも変えようと思う私は、愚者なんですが・・・ )

実際的に、日本のこの30年は、あまり大きな変化は無かった。
80年代以前と以降では、だいぶ違うのかもしれません。
( 私的には、ガッカリです。 )


・・・日本が体験した、戦後の劇的な変化を今、中国が体験しています。
共産主義でありながら、資本主義に走る中国は、かなり強欲です。

ちなみに中国では、前世・来世という思考は乏しい。

基本、現世主義です。
( 儒教が基本かな? )

長寿・不老不死というのは、現世主義から成る発想です。




うつ病体験からスタートしたここ半年は、安堵無き期間で、未だ安堵無き状態が続いております・・・。


その中でも、多くを学んでしまいますが、まあ無駄な訳です。

力というのは、発揮できる場所・立場があって、初めて意味を成します。
それを創るのは、個人の力ではなく、偶然性です。
一般的に「 運 」と呼ばれるもので、私の愛憎なものです。
( ドラマツルギー無くして、芸術は成立しませんからね )




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



情報の先見性


現代は多くの情報に溢れています。
しかしながら
「 情報の中に、どういう意味があるか? 」
は、理解が難しいものです。

更に、その必要性を見いだす事
未来で必要性が生じた場合に、備える事。

う〜ん・・・かなり難しいですね。


言えることは、現在は常に未来を暗示しています。

20代後半で挫折を体験した時、脳( 自分の記憶 )のあらゆる情報を調べました。
その時、何年も前にその予兆情報があった事に、気付きました。
過去は自動的に、若い頃の自分です。

未熟であった為、その意味が解からず備えていなかった結果、最悪の状態を招いた訳です。


人間というのは

「 何 時 来 る か 解 か ら な い 最 悪 」

への対応が苦手です。
その克服が、賢者の基本ですが、人間の基本と相反します。

まあやっぱり難しい。

最近の例でしたら、私は5年程前に台湾人の学生から
「 中国の製品は危険だ 」
聞いていました。
台湾人は嫌中国( 愛憎 )なので、あまりその情報を深く掘り下げませんでした。

最もその真意を知ったところで、メイド・イン・チャイナ製品を買う時に注意するくらいですが・・・。


私の立場に権力が付随しており、その意味を予測できたら、取るべき行動に動いたのは間違いありません。
( この間違い無い部分が、いち庶民として反感をくらい、苦労してます。 )

・企業であれば、中国製品ラインの見直し。
・政府であれば、調査・管理体制の強化。

事件は、起きたら問題です。
起きない事件は、問題ではありません。
事件を未然に防ぐ行為は、他者から
「 問題でも無いのに、何故行動をするのか!? 」
と問題にされ、妨害されるものです。

ここら辺が

「 正 し い 事 の 不 成 立 性 」

です。

とは言っても、出来ない事ではありません。

レベルの高い事は難しいですが
最悪ではなく、最善への備えであれば、楽しく簡単にも行なえます。

ポイントは、流行です。
ハヤリのモノで
楽しそう・得しそう・止めやすそう( これ重要 )
は、すぐに乗った方がいいです。

流行に流されるのでは無く、流行にあえて乗る。
流行情報を主査選択する能力は要りますが、楽しい&得を見極められるなら、どんどん乗りましょう。

苦手な事は、一生苦手なものですが
得意な事は増やせます。

善い方の欲を基準に、未来の種を拾う事が出来ます。
情報をキャッチする・意味を知る・楽な方に行動する。

最後の行動するが、トドメです。
笑顔でトドメを指せる習慣を、出来るだけ早く身に付けましょう。

行動の無いノリは、先見性に欠けますから。




初出08年2月27日
posted by ギャラリーZzz 臓図 at 02:27 | TrackBack(0) |  【 0 8 論 パ ー 】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
カテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。