2008年01月03日

 創 造 の ベ ク ト ル







創 造 の ベ ク ト ル


 
≪ 人生は一本道 ≫


私達は、大体生まれてから死ぬんだが・・・
人生のゴールが死と云うのは、何とも味気ない話だ。

よく、あの時のあれが人生の分岐点、と言ったり
チャンスは逃すな!と云った話があるが。
この分岐点を間違えまくり、チャンスを掴み損ねた人間に言わせて貰うと。
「 結局、見えない世界の確認出来ない、バリ不確かな事じゃん! 」

と、年を取った私は、今日気が付いた。



・・・あと、2つ



≪ 創造のベクトル ≫

まあ、これは芸術話の持ちネタ。

洋画と日本画の違いは、何か?
みなもと太郎の風雲児たちというマンガの中で、平賀源内が説明するシーン。
「 お前さん、この鏡餅を上から描いてみな 」


以下略( 読めば解かるし )

( 日本画と洋画の比較だけで、精神性の違いがよく解かる。 )

という訳で、結局ビルが創ったパソコンは、アメリカ・西洋の思想で、パソコンで創った作品も同じ。

私はアメリカナイズの世代で、アメリカは好きだが
日本人としては、日本人が持つ恐ろしい力、表現力が封印させられてるんじゃないかと思う。


中国人の女の子が言ったよ。

「 なぜ、世界の公用語が英語なのか? 」

そう、駅前でまで、アメリカに媚を売っちゃちゃあね。



・・・で、ラスト。



≪ やれないは、やりたくない ≫

昔から
「 月に3作品を創るぞ! 」
とか
「 今年は資格を取るぞ! 」
とか
「 5年以内に300万貯めるぞ! 」
とか、考えるんだけど。

まあ、出来た試しがない。
これは多分、統計を取ったら日本人の10分の9は、そういう人でしょ。
oh!同士達よ!
皆がこれ出来たら、ハウツゥー本や雑誌が売れなくなっちゃうよ。
自分がダメだ!と思う同士よ。
大丈夫!日本経済に貢献してるから。


でね、心理学的に言うと、出来ないは、したくないって事なのよ。
よく考えると俺、昔はノルマとか、目標とかなしにしょちゅう絵描いてたもん。
だって、楽しいから[m:71]

でね、ピカソも夏目房之介も、子供の頃から描いてると、青年期に飽きたのよ。
それにね、手塚や美内とかはね、物のない時代だから、自分で作品創らないと他に娯楽ないのよ。

今、何でもあるじゃん。

( 文章長いから、いきなり結論 )


つまり
したくない事しなくて、何が悪い!

ニートの意味を自由と、ウキに載せろ!
( あっこれは違うな )


ちなみに、私はニートは死んでも良いと思うよ。
死にたくなかったら、首相や大臣、官僚に石でも投げたらいいのに。
ニートを生み出したのは、日本人全員の責任なんだけどね。

私が、運良く経営者になったら、移民労働者と共に雇用できるようがんばるよ。
但し、仕事したくない人は、首切るけど。


( 書かないと書かないから、無理やり変な事書いたわ。 )
posted by ギャラリーZzz 臓図 at 13:26| 大阪 ☀ | TrackBack(0) |  【 short  1〜10 慣れない論客 】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月04日

 選 挙 妄 想







選 挙 妄 想



友達100人できるかな。
100票じゃ足らないよ ♪
政治家土下座して頼むには ♫



という事で、100票を持つ人になってみたい。
仕組みはこう↓

100人の登録者で、無党派層の20代までで構成。
10人程度の
『 どこに投票するか?委員会 』
を設置。

委員の選抜は、陪審員制度と同じくランダムでチョイス。
どこの誰・党が決まったら、盲目的に皆が投票。
つまり、100票が果たして政策や生活に、影響があるかを実験してみると云う事。

日本での1票の重みは、落ちてる1円玉くらいのもの。
皆、拾わないでしょ[m:50]

自分の1票に価値がなければ、そりゃ投票せんわ。
じゃあ100円はどうだ!だ。

価値があるんなら、政治家がお願いに来るかも。
その様を、皆で見るのも一興。
賄賂を積んでくるかも?
その際も100人皆に
「 賄賂貰いましたよ、どうします? 」
と発表。


ん?
これって、学校の帰宅部になりかねないか?
部活は、個々の家で一人で行うみたいな。

まあ、要するに選挙という民主主義が
ベストではないと云う事。




ヒットラーは、民主主義で選ばれたのよ。
posted by ギャラリーZzz 臓図 at 02:38| 大阪 ☀ | TrackBack(0) |  【 short  1〜10 慣れない論客 】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

 死ぬまで学び続ける。











死ぬまで学び続ける。


 
哲学者にとっては、自らの死さえ学ぶ材料である。


・0歳代に、いろんな奴がいた。
・10歳代でも、いろんな奴がいた。
・20代でもいた。
・30代にも、いろんな人と出会った。


皆、適当に生を楽しみ、生に悩みもしていた。
私と同じく、偉そうに語ってる奴も多かった。

私にもし、ビル・ゲイツ程の金。
( アメリカの下層階級の収入すべて足した額が、ビルゲイツの収入額 )
が舞いこんできたら、偉そうにしていた奴の現在の姿を、すべて洗い出して会いに行き、こう言いたい。

「 それで・・おまえの夢は、どうなったんや? 」

もしくは、こう言おうか。

「 なっ、大変やろ 」

俺って、やな奴。



私は、貯金がない。
成功も、していない。
親友も、2人しかいない。
( 命は事情があってやれんが、腕の1本くらいなら、この2人には賭けれるから、親友と言っていいかな。 )

しかし、間違いなく生まれてから、この瞬間まで自分流を続けて来れた。
むしろ、俺流が完成しつつある。
社会に認められたいという、情けなさが減りつつある。


どうだい、そこの君。

もう一度、自分自身とケンカしてみないか?
やろうと思えば、神とだって闘えるぜ!
チャンスは、死ぬまであるぜ。


( でも私は、女神とは付き合いたいし、博打の神様には賄賂を贈りたい )

「 ダメじゃん! 」
「 えっ!ダメか? 」





( ちょっと、俗文でしたね。 )
posted by ギャラリーZzz 臓図 at 15:09| 大阪 ☀ | TrackBack(0) |  【 short  1〜10 慣れない論客 】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

 多くのこれからへ











多くのこれからへ



誰が読むわけでもないのに、マジ文を打つ流れになっております。


大体、打つのに2・3時間掛かる。
力入れすぎですね。
( まあ、ネット上で書く人は、皆そうなんかな )

私の話は、この10年間、限られた2・3人ぐらいにしか話ていないものです。

茂木さんとか、養老さんとか、宮崎さんとか、上野さんとか、田中さんとか、石原さんとか、瀬戸内さんとか、五木さんとか・・・。
皆、同じ様な信念と思想の持ち主で、その場に行けなかった私は、一体なんなんだろう?
とよく思います。


思想は理解されるものではなく、自分だけの道だという事が、ようやく解かっては来ています。
その自分だけの道は、多くの世界と多くの人間を理解しなければ、構築できないという事が、皮肉なもんです。
人や真理を、解かれば解かる程、孤独になっていく・・・。

損な生き方を背負ってしまった。


私の最後の仕事は、これからの世界で、表現・思想に影響を与える力を持つ若い人を、世に送り出す事です。
ですが、大学の教授や社長でもなく有名人でもない私に、それが出来るのかどうか?


10代の頃、友人がよく私を非難しました。

なぜ君は、人に道を教えようとするのか?
それは
「 驕りだ! 」

人が間違った道を進み、自ら選んだ世界を罵り嘆き悲しむ・・・。
その慟哭を防ぎたい気持ちでした。

いかにも若い思想ですが、結局その時から何一つ進歩せずに生きてきたのだと。
多分生まれた時から変わらず、愚かなのだと。

まあ、いいかな・・・。
愚かでも。

少なくとも自分は、ひとつひとつ納得して生きて来れたから。
「 わが生涯に、瑣末の悔いだらけだが、本道に悔いなし 」
と、いう事で。


瀬戸内寂聴さんがね、言うんですよ。
「 しょうがないわね 」
って、明るく。

しょうがないって、諦めの意味で善くないんですが、仏教では、諦める、享受する事を、一つの真理として大事にしている。
諦めなくて何でも出来るとしたら、それこそ人間の驕りで、何も学べない。



おっとっと、長い愚痴だわこれじゃ。
ちょっと、文体を工夫しないといけないね。

それじゃあね。
posted by ギャラリーZzz 臓図 at 14:55| 大阪 ☀ | TrackBack(0) |  【 short  1〜10 慣れない論客 】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

 微小・微細・微塵











微小・微細・微塵



微小・微細・微塵 意味 : ちょっと!ちょっとちょっと! byタッチ

意味無く出来も悪いですが、ネタの逡巡の為書いて見ました。



さて、ふと思った事を実験的に表現してみます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


コイツあぁ、タバコ止めたんだぜ。
アッコは未だに、ヘビースモーカーだってのに。

映画なんか撮っちゃってさ〜。

本なんか読んだり、ピアノやタップやったり。
売れるってこたぁ、コンプレッサーだかコンプレックスだか知らねいけど。
恐竜の名前みていなもんが、克服出来るちゅう事なんだな。

毛唐から、たいそうな賞まで貰っちまって。
偉くなっちゃったもんだ。

こちとら、長え時間じっと座ったままなんざぁ、性に合ねぇから
こいつの撮った映画観ねえけどよ。
暴力的だったり、余計な感情表現をはぶいたり、中々ヤルらしいじゃねえか。

いいんじゃねぇか、コイツ。
オイラは好きだぜ。

なんつったって、女を選り好みしねぇのが
偉えじゃねいか。
子分共が止めるくれぃの女に、言い寄るなんざぁ
常人の域を超えてるぜ。

田嶋陽子にアタックする心意気、立派だぜ。


しかしよ〜、オイラも世間もコイツについちゃあ、いい奴だって思ってんだけど。

コイツがずいぶんと前に
手前の愛人が写真に撮られちまったからって、子分共と殴り込みかけて暴力振るった件。

お堅い連中は、もう何も言わねえのかい?


あの一件はよお、テメェ一人で殴り込みかけるつもりが
子分が
「 どうしてもお供します 」
ってんで、コイツ仕方なく一緒にやっちまったらしい。


・・・オイラァこの一件について、西南戦争の西郷を思いだしちまったよ。

事を起こそうって、思ったかどうかの違えはあるけどよ。
若え衆とのしがらみが、働えちまったトコによ。

コイツのケジメつけてぇ気持ちはぁ、よーく解かってよぉー。
多分、オイラもおんなじ事するね。

オイラがカチコミ賭けるときゃあ、ぜってい一人でやるよ。
普段から、徒党を組むってぇのが、きれいな性分だからなぁ。

メンドクせえ、しがらみにまみれちゃあ、天下の大事は果たせねぇ。


しかしお堅え連中があの一件を、もう持ち出さねえってのは
寂しい話じゃねぇか。
おめぇら、普段から昔の事を根堀葉堀言うくせに
事偉くなって好感度が高い奴には、何も言わねぇのかい。

暴力を振るう性分ってぇのに、言及しねえ様じゃあ
平和も糞もあったもんじゃねえぜ!

コイツもよぉ、芸人、芸人って言うわりにゃあ、密かにインテリゲンチャぶって
最近じゃぁ隠居した爺さんみたいになっちまって・・・。
まあ、いい仕事し続けてるから、大目に見てやるけどよぉ。


しかし、大島や野坂の年取ってからの暴れっぷりに比べりゃぁ
ちょっと元気がねえんじゃねぃか?

芸人なら死ぬまで暴れた、浪速のやすし見ていになるのも
悪くないだろうよ。



( 06年の文章なので、ニュアンスが変わっちゃってますね。 )
posted by ギャラリーZzz 臓図 at 01:19| 大阪 ☁ | TrackBack(0) |  【 short  1〜10 慣れない論客 】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

 0:30音楽番組0:30








0:30音楽番組0:30


この間、カウントダウンTV30分、音なしで観た。


音楽番組は殆ど見ない。
音楽もまず聴かない。

音なしで観てると、出てくるミュージシャンがなぜ良いのか、全然解からなかった。
( これで、解からないとダメだね。 )

プロモーション映像について解かった事は、ここ20年ぐらい進歩がない事。
映画は作品がヒットすれば、監督に名声と金が入ってくるが、プロモの成功とは、ミュージシャンのヒットの補助。
売り上げに貢献する事。

そりゃ進歩せんわな。


「 NHKのみんなの歌 」
の大人版が欲しいな・・・。
映像作家や映画監督が自由に選曲して創る。
深夜枠で放送。


現代は、多くの人が同じものを観る事がない時代。
その時代で、シネコンはまだ順調だ。

皆で同じモノを初見・試見しに行く映画館。

シネコンは
 
 ・ 映 画 を 選 ぶ 本 数
 ・ 同 じ 映 画 を 共 通 体 験 す る 事
 ・ 日 常 か ら ハ レ の 世 界
 ・ 高 級 映 画 館 の 環境
 ・ ハ リ ウ ッ ド の 超 娯 楽 専 門 映 画


等のバランスが、時代に合ったという事であろう。

日本の音楽シーンは、洋・邦楽共に低迷だが、企業が只売っていくという方針でなく、複数の条件バランスを如何に創りだすかに気付けば、利益を生み出す事が可能である。

という事。


がんばれ企業!!
大衆はいつの世も貪欲である。




posted by ギャラリーZzz 臓図 at 04:10 | TrackBack(0) |  【 short  1〜10 慣れない論客 】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

 確率との闘い




  もし

  人間で

  なければ

  ひとつ

  ポツンと生まれて

  ひとつ

  コロリと死ねるのに

  残念だ


 
posted by ギャラリーZzz 臓図 at 11:09 | TrackBack(0) |  【 short  1〜10 慣れない論客 】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

 ザマサマザな事








ザマサマザな事


日本の女性で、歴史に詳しい人は割と少ない。
まあ、男性も今は少ないかも知れない。

私もどちらかというと、専門家や歴史好きに比べると、そんなに詳しくない。

まあ、それでも歴史学の重要性は、よく理解しているつもりではある。

戦後の日本人は、歴史を分断されてきた。
学校の履修でも
「 日本史は必修ではなく選択だったね〜、そういえば 」
で良く解かる。

意識の中で、特に近代がすっぽりと抜け落ちてる。

戦後生まれの日本人は、自国への愛情を持てない様に教育されてきた。
マッカーサーや、GHQの指導によるものではあったが
その政策は別に不自然ではなく、今後また牙を剥くかもしれない国への対策として、極当たり前で、私がアメリカ人でもそうする。

アメリカは今でも、日本を兄弟分と見ておらず、冷静に他国( 敵国? )として捉えている。


日本の困ったちゃんなトコは、一億総玉砕の精神がそのまま、アメリカの戦後統治に向かったトコだ。

もうこれは、逆に日本人の特性・島国根性だから、どうしようもないけど。


多くの大陸型の国では、戦後統治は結構難しい。
アフガン・イラクをみても解かる様に、占領国へのテロ・ゲリラ( 死語? )の炎が消えず、いつまででも燻り続ける。

それが、日本の場合。

天皇のお言葉ひとつで、一斉に右向け右・白旗に終わった訳だ。
( まあ、尋常でない戦争疲弊をしていたせいもあるけど )
ある意味、天皇崇拝は戦後も変わっていないといえる。


この国の現代人が、確かなアイディンテティを持つ事は、とても難しい。
( コーヒーのCMで、トミー・リー・ジョーンズが悩むのも無理はない )



えっと、日本史を勉強した時に、それが実生活で利益に結びつくかというと、そうではない。
だから、資本主義的に考えたら、無駄な行為である。
しかし、資本主義も学問であり思想であるから、その根底に人間そのものの動機がある。

脈々と続く人類の歴史、その土地と人の歴史があって初めて、完璧な資本主義と云える。
そこを踏み外した場合は、長期の利益確保は望めない。


私達日本人を語れない大人に、殺す事を遊びとする子供を、教育する事は不可能である。


toukyoutawa-.JPG


[ イギリスはかしこい ] 出口 保夫・林 望 著( PHP文庫 )
の本の中で、よく知らん団体の偉いさんの言葉が載っていたので、下記に写しました。



 ランドマークトラストはいわゆる「 保存 」ということを専らとしている訳ではありません。

むしろ、我々は、この地上から「 保存 」などという意識を必要なからしむるべく努力しているというも可でありましょう。

出来るだけ多くの人々に、今この地球とそこにすむ総ての生き物達の上にいったい何が起ころうとしているか、その事に目を見開いて貰いたいのであります。

げに、我々の活動の真の目的は、人々の「 環境 」に対する意識を高めていくことであります。

さよう、そのもっとも広義の意味に於ける「 環境 」

つまり空間と時間とを二つながら込めて「 環境 」と呼ぶとすれば、すなわち、「 歴史 」もまた、私達にとっての大切な環境であるという事であります。

ランドマーク・トラスト会長
ジョン・スミス( 誰? )





えっと・・・
武士道が絶滅危惧種とある日本は、未だ騎士道のあるイギリス。

つまり、大英帝国に大日本帝国は・・・負けてますね。



posted by ギャラリーZzz 臓図 at 04:44 | TrackBack(0) |  【 short  1〜10 慣れない論客 】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

 「 稀 有 keu 」






 

「 稀 有 keu 」





大体において、アインシュタインもダビンチも、ダメである。

生き方がヘタ。



あのね、2人とも天才じゃないのよ。
真理を求めて探求するのは、天才のするこっちゃあない。

天才とは、自らが真理な訳ですよ。


ダビンチが水の研究やら、人体解剖やらするけど、動機は芸術を創る為ではなく「 気になる 」のよ。

どうなっているのか?
様々な事象がどういう仕組みで成立するのか?
もう気なってしょうがない。

単なる気にしい。

大体、いい作品を創る為にそういった研究が必要かと言えば、別に関係ないのよね。


まあ例えば、天才ミケランジェロからすると
「 別にそんな事しなくても、凄い絵は描けるもん! 」
な訳。

・やる気になれば、できちゃうのが天才!

・神の身技・神の領域を持つのが天才。



以前
「 できないは、したくない。 」
と言った事があるのだが。
天才にとって
「 したくないは、する必要がない。 」
という事で、天才は無駄な事をしない。

天才は挑戦をしない。
天才はリスクを冒さない。

だって、できちゃうんだから・・・。
挑戦でもリスクでもないじゃない。

更に、興味がある事しかしない。
自分の能力に対する見極めが完璧だから、失敗して初めて解かる様な、愚は冒さない。

興味の無い事でがんばっても、上手くいかない事を本能で解かってる。
やればそこそこ出来るけど、やる気の起きない事に執着しない。


何か、ここまで書いてて、唯のムカつく奴の解説みたいだけど、実は違う。

何が違うか。

表出の片鱗である。
天才をよーく見てると、ちょっとした行動に、淀みのない饒舌さを、検出できる。


天才を見極めるのは・・・難しい。
天才は、自己の突出した能力が周りに与える影響を感知していて、無意識にセーブしている。


「 タッチ 」というマンガがある。
主人公は、達也と和也という双子、そして幼馴染の南。

連載当初、双子のキャラ設定と才能説明の為、天才型・達也の才能表出を演出として良くやっていた。
弟の和也の為、能力がないフりをする訳だ。
( 同時期連載の「 みゆき 」で、ラブコメ路線の確立の方が読者に受ける事と、才能説明は手間が掛かるので、すぐにそこらへんを描くのを作者はヤメた。)

ある意味この描写は、天才の性質をよく表している。



天才は怖い。
やる気になった天才は、手が付けられない。
あらゆるものを吸引する。
天才は傲慢である。
知らずとも、ワガママである。

なぜなら、自らの恐るべき力を自覚しているからである。
傲慢でないと、自身さえも飲み込まれるからである。


天才と何とかは紙一重なのは、この力に対する常人の恐れと無理解から、発せられる認識である。

神も人類からの同胞の出現に、期待と警戒をしている。
だからこそ、天才は運命に翻弄される。


この文中で、天才という言葉は24個もある。
天才は、唯一天才という限定した言葉のみでしか説明できない、超突然変異的珍しい存在である。



月影千草いわく。

「 ホ〜ッホッホッホ!・・・あの子は天才よ! 」

である。


 



 
posted by ギャラリーZzz 臓図 at 07:14 | TrackBack(0) |  【 short  1〜10 慣れない論客 】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

 そろ4( かなり闇です )





そろ4( かなり闇です )

未熟者ですね。
ホント。


闘いに出たいですね。
ホント。


タマに人を完膚無きまで、潰したくなります。
殺すなんて、優しい事はしたくありません。


いいんじゃないでしょうか、傲慢で。
驕り高ぶって、物事を殊勝に捉えなくても。


何でしたっけ?
戦場での異常過度なストレスによる、精神障害の名前。
そういう体験がないのは、幸せな事です。


自らより先に生きてる人を、先生と呼びます。
残念ながら私には、師匠はいません。
ですので、たった一人で荒野を進んでおります。


もしくは、過去。
川を泳いで渡ろうとしておりました。
川には霧がかかり、川岸は見えませんでした。


ある時、霧は晴れました。
愚かですね。(笑)
海でしたよ。


気づかなければ、良かったと思いますよ。
見事溺れましたね。
運良く海岸に打ち上げられて、助かりはしましたが。


すいませんね、海を観て話して。
すいませんね、宇宙を観て話して。


いいんですよ、理解しなくても。
観ちゃった人の話は、面白く他人事が一番ですから。


大丈夫ですよ、あなたの側に守護霊ではなく、暗黒の小さな扉。
  暗黒ドアー!
( ドラえもん調 )
の存在に気付かなくても。
気づくとドアは大きくなって、あなたを飲み込みかもしれません。



たまにね、眺めるんですよ暗黒ドアを、タバコ吹かしながら。
一度開けてますから、いつでもソコに行けるんですよ。
ちょっと開いている、もう小さくないドアを観ながら
「 入ったら終わりだな。 」
って、思うんですよ。


眺めるだけでも、疲れるのにね。
少し覗く時もあります。
恐ろしい力に、私でも踏み止まるのが精一杯です。



「 えっ? 」
「 海ですか? 」

出る覚悟は出来てますよ。
正確には宇宙でしょうか。



だってそうじゃないと、偉そうな事言えないじゃないですか。



あっそうそう、警告しておきます。
私が機嫌の悪い時に、不用意かつ無自覚な言葉を、投げかけないで下さい。
海に投げ込むか、宇宙に連れ出すか。
もしくは・・・
あなたの暗黒の扉を開けちゃいますよ。



まあもっとも、普通の人にはしませんけどね。
闘う相手は、神のみですから。

そこが私の欠点だな。




・・・シェルショックでした。





 
posted by ギャラリーZzz 臓図 at 12:25 | TrackBack(0) |  【 short  1〜10 慣れない論客 】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。