2007年12月05日

 陰陽 2 4 0%










陰陽 2 4 0%



今回、07年明けなので、透明髑髏のお話をしたいと思います。

その前に、今年の指針として
「 より暗く・より明るく 」
を、今日の気分で表明させて頂きます。

ひねくれ者のせいか、癒しとかポジティブとか聞くと
「 ケッ、何をぬかしとんねん! 」
と思ってしまう、とても一般的に徳のない私で申し訳ないですが。

作家・五木寛之さんによると、昔の若者の挨拶で、若者同士が出会うと開口一番

「 悲しいではないか! 」
「 おう!悲しいではないか! 」

が、挨拶言葉であったそうです。
これは、かなりポジティブシンキングだと思います。


一般の方々は
親子の情・頑張る・明るい・協調性等があって当たり前の様に語ります。
まあ、これはある意味仕方のない情緒不足です。
仏教では、私達の姿を・素晴らしくも悲しい存在・として捉えています。
この、暗い現実の部分を否定しないと、生きるのに辛くなる脳のプログラムなんですね、きっと。

ですので、私もポジティブに対して、前向きに捉え、やはり明るくいきたいと思います。
しかし、それではネガティブの価値は?
となりますので、貪欲に暗さも追求したい。


明るさ120%!
暗さ120%!


在るべき成長の一端を、目指しますかね。



・・・いや、無理なんですけどね。
妄想的戯言として提示しました。

だって、これは〖 世界を救い、悲嘆にくれ自殺する 〗という、躁鬱病ですから、精神が持たないよ。
天才じゃない私には、出来ない芸当ですね。

前置きが長くなったので、正月用「 透明の髑髏 」は、明日にしたいと思います。




「 07かぁー・・・。ジェームスボンド観にいこうかな。 」
 
posted by ギャラリーZzz 臓図 at 15:51| 大阪 | TrackBack(0) |  そ の 他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

 透明の髑髏










透明の髑髏



正月用のネタがズレズレです。


でも、書くね。



30〜40代の人は、一休さんをアニメで観てたから、想像がつくかも知れませんね。
( 曽呂利新左エ門とか、とんち彦一とか、若い人は知ってるのかな? )

一休さんは、私達の600年ぐらい先輩。
( 室町時代・臨済宗大徳寺派の禅僧・一休宗純 )
当時の北野たけし的?な存在。
天皇の息子で生臭坊主を貫いて、87年も生きたのね。


で、有名なエピソードが

正月、杖に髑髏つけて町を
「 お気を付けなされぇ、お気を付けなされぇ。 」
と、練り歩いた一休キチガイ事件。

正月でやれメデタイ!やれお餅だお年玉だ!
と、皆浮かれているけれど、また一年、死に近づいたという事なんですよ。
それにを気付きなさいよ。というメッセージ。

≪ 門松は 冥土の旅の一里塚 めでたくもあり めでたくもなし ≫



・・・よく考えたら、せっかく皆がいい気分のトコロを、嫌味タップリに水を差してるのだから、あまり誉められた行いじゃないよね。


で、これについて考察してみると、現代は先進国では人が死ななくなった。
一休さんの頃( 室町時代 )は、寿命が短い。
一休さんより、100年程若い織田信長が「 人間50年 」と言ってる訳だから、現代より最低20年は寿命が短い。

この20年を、長い・短いと思うかは、ちょっと解からないけど。
実は、私達は死なない( 死ねない )時代に突入している。
先進国現代の自殺や少子化は、この人類の進化とリンクしてるかも知れない。
平均寿命が100歳に、いずれなるのよ。


更に、今でも紛争の多い国、貧しい国では多くの死体がゴロゴロしてるだろうけど、日本に於いては死体を見なくなった。


日本と後進国・現代と昔。
この違いの中で一つ大きいのが、死体に触れる機会だ。
( 私も死体は、祖母のものしか見ていない。 )


 死
 ↓
 死体
 ↓
 腐乱
 ↓
 白骨化


過去に何かで読んだ一説に
「 髑髏が虫に綺麗に舐め尽くされ、ヌラヌラと光っている。 」
が、あるんだけど。

今でも、死の象徴は髑髏。
しかしながら、この髑髏のイメージは、まさしく形骸化されつつあるんじゃないかな。

現実にある死後の世界、骸による時間。
これを観ない私達。
死体は、私達が自然の一部である事を突きつける。
人類はそこを回避する。



文明の進歩は、人類から死を奪うんだ。

死体ゴロゴロからの死生観と、現代日本からの死生観。
多分、違うよね。

「 死んじゃダメ! 」
とメディアの前で思う前に、今一度、見えなくなった死と骸について、その価値について、考えてもいいんじゃないかな。
( それが難しいのが、現代日本なんだけど。 )





来年のお正月、もしかしたら私、髑髏を抱えてお会いするかも知れません。
只、スケルトンなので見せれないのが残念。

 
posted by ギャラリーZzz 臓図 at 11:28| 大阪 ☀ | TrackBack(0) |  そ の 他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月14日

 オブラート

aporo2.JPG

うつの回復が、95%である。

後の5%は、表面的優しさ。


キツイ事を言わない様にする。
暴言を吐かない様にする。
優しいフリをする。

人の心に踏み込まない、儀礼的で終わらせる。

これが滅法難しく、つい真剣になってしまう。
真剣にならない様にしないと、物事はうまく行かない。


暗黒を、見せてはならない。
地獄を、匂わせてはいけない。

真実は、小出しにする。
真理は、問わない。


何故なら、皆生きてるからである。
彼らの義務は、生を謳歌する事である。


誰だって、楽しく生きたい訳だから、それでいい。
それがいい。


ああっ〜
「 暗黒は、俺に任せろ! 」
って、言えればいいんだが、無力なんだね〜。




皆、それなりに生きて、それなりに死んでいく。

それだけ。

それだけ? それだけ!?


右からきて左に過ぎる。

それだけ。

それだけ? それだけ!?



才能とは、それだけという真実に、あらがう者の称号である。

それだけは真実。
真実を否定するエゴを、どれだけ肥大させるか?

真実を知り、認める事。
真実を知り、否定する事。


矛盾の前線に立ち、弾を浴びようか。
っていうか、私の脳はすでに、銃痕だらけだな・・・。




95%は間違いだ、書きながら今気づいた。
90%でした。

5%のイジワルが抜けていた。

「 意地悪 」

んっ!
ちょっとテンション上がってきた?


相手を崖っぷちまで追い詰め、堕ちた瞬間に助ける。
死なない様にいたぶり、優しく治療する。


でも意地悪も、メチャクチャ難しいんだよね〜
イジワルが簡単に出来る様なら、私の賢さも本物になるだろう。

精進せねば・・・。




プロレス団体で、入門生を選別する時するのが
「 スクワット千回 」
らしい。
千回やり終えたら、入団OK!


昔は何事も、壁があった。
最初の壁がすでに高かった。

今の世の中、敷居の低い事低い事。
際限なく甘えれる社会。


「 今の自分を大切にしたいと思います。 」
「 もっと女性に磨きを掛けたい。 」
「 カフェで、ホッとするひと時が大好きです。 」

( んっ?だんだん、ずれてるぞ )

否定的な文脈なのに
実はアドバイスで、上記を勧めたりもする。
( この場合は、相手は女性かな。 )

『 今の自分を大事にして下さい。 』
未来は、今から始まる。
今を見つめないと、未来は見えない。
今の連続が未来である。

『 もっと自分に磨きを掛けてね。 』
★才能は開くもの・技術は磨くもの。

ヒジョーにポジティブな、私の名言だ!
( これを信じないと、私の言葉はまったく無意味になる。 )


『 ホッとするひと時を、大事にして下さい。 』
休息は大事だ。
生きる、それは休息をする事。

休息なくして、活動はありえない。
トイレ・風呂・布団・自転車でアイデアを思いつく。
才能が溢れる瞬間だ。


【 おしゃれなカフェで、アイデアを思いつく、ただしトイレ限定 】

こういう女性がいたら、面白い。
アイデアを思いつく必要があり、それがカフェのトイレ
って、どういう人?

ん〜、厨房の方が面白いかな〜。

ドンピシャの変なフレーズが、最近ほんと出ないのよ。





( どんどん話がズレてますね・・・ )



えっとね、今の自分が正しいなら、何も学ぶ必要性は無い事になります。
自分を大事にするという事は、自分を甘やかす事ではありません。

「 若いうちの苦労は、買ってでもせよ。 」

山中鹿之助の「 われに七難八苦を与え給え 」


こういう先人の言葉は、理に叶っています。


能力というのは、問題を解決すると上がる仕組みになっています。

これも矛盾なんですが
問題が起きない様になると、能力が下がり、問題が起きます。

平和が続くと馬鹿になります。
馬鹿になると争いを始めます。

争いを避ける為、賢くなり平和になります。

社会が混乱すればするほど、人類は進化すると言っていいでしょう。

しかしながら、今は諸刃の剣です。
核の登場があるからです。

馬鹿を続け、社会を混沌とさせ、多くの犠牲を出しながら、平和を維持しないと、人類は絶滅します。

この現象も問題です。
何故なら、進化を遅らせると人類は絶滅するからです。


どっちにしろ、人類は絶滅します。




もう、あっさり言っちゃいます。

人類は、絶滅します。



それがいつか?
30年くらいたったら、私でも解かるかな〜



・厳密に言うと、宇宙への進出が無い場合ね。



だから今、悩んでいます。
この問題を解くべく、悩んでいます。

今を大事に、って云いましたよね。
常に答えは、以前から、そして今にあります。

矛盾の集約が必要なんです。

【 シンプルで解かり易い矛盾 】



私は、現代日本で生きています。
私を解き明かす事、それが人類を解き明かす事です。

私は、現代日本を考えています。
絶滅しない布石を、DNAや集合無意識に、叩き込んでやります。

私は、現代日本を解こうとします。
大丈夫です、私や皆さんが死ぬまでは、人類は絶滅しません。




何度も言って、申し訳ないですが、不可能を可能にするのが
芸術です。

だから、芸術は凄いんです。

芸術は、人が創ります。

だから、人類は凄いんです。

人類は、あなたです。

だから、あなたは凄いんです。




( という事で、グンと身近に持って来て )

私の話を聞いてくれるのは、大変にありがたい事で、感謝の2文字しかありません。
私の話を聞けるのは、才能が有る証です。

このロジックは、毎回使ってて便利です。

自分と友人に、誇りを持てます。

お勧めです。


「 お前は、俺の友人で偉いな! 」
「 あなたは、魅力があるから私の友達なのよ! 」



日本人の凄いトコは、心で語る事です。
( エスパーかっ! )

一回でいいです、人に良くしてもらったら、心で感謝しましょう。
それだけで充分です。

京都人みたいに、表と裏を使い分けましょう。

外面は、アメリカ人みたいに、キチンと言葉で伝えます。
裏では、日本人のあうんの呼吸で行きましょう。 


これが出来れば、まだまだまだまだ
日本は凄いです。






人類絶滅という課題を解いた時、人類は進化します。

( そういえば今日、ほとんど何も食べてないな、腹減った。 )
posted by ギャラリーZzz 臓図 at 03:41| 大阪 | TrackBack(0) |  そ の 他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 時の足袋人











時の足袋人


精彩を欠くと如実ですね。
更に、暗いのと表現ネタが続いておりますので、不親切です。

自己紹介に「 少し賢くなりたい人どうぞ 」と書いてあったんですが、毎回手加減だけはしていませんので、もしついて来れた人がいたら、逆に心配です。


巨大な刃物が切れない様でしたら、粗大ゴミでしかありません。

普通の人が普通に生きる上で、真理は邪魔でしかない。
それを実学で提示するという事は、使いやすく小分けにして調整しないといけません。
すし屋でマグロ一匹 ボンっ!と出したら、食べれる訳がないじゃないですか。

ちっちゃな酢飯が潰れています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて、今回は
【 教えてくれない時間論 】
です。

長い時間生きていると、様々な新発見をするのですが、生活に必要が無いもので、忘れていってます。

忘れる前、人生の後輩に伝えようかな?
というネタを一つ。



ちょっと理論として説明するのが難しいんだけど

 時間は一定ではない!

と、いう事です。



体内時間と体外時間については、割と研究されているんだけど、その流れも含めての時間不定説です。
( えっと、大筋&細部に関しては、2年程前に詰めて分析したんですが、大幅に忘れました。 )

例えば、ラットを使った動物実験で、明るさをコントロールしてラットの活動時間・起床就寝などを調べた場合。
変化が少ない事が解かっています。

私達が
「 もうこんな時間? 」
「 まだこんな時間? 」
と思う瞬間は、錯覚だけではなく、実際の時間と体内時計のズレから生じる事も解かってきています。


生命体には、自前の時計があるという事なんですが、この事は時間が2重構造であるとも云えます。


私の提示する時間は、アインシュタインの「 真実の客観 」に近い概念ですが、体内時間・体外時間を含めた、更なる時間論です。


【 時間は一定かつ普遍的でない。】

は、現段階の物理学では、まだ未解明で相対性理論を覆す理論です。
まあ、物理学が専門でない私にとって、概要のみの無駄な論なんですが。


多くの大人さえ確証を得ていない事なので、学校や社会で教わる事はまずないでしょうから、伝える意味が無いと云えば無いです。
しかしながら、未来に幻想を抱く若者は知っておいて損はないと思います。


一番人生に影響がある事柄として、時間不定説はある事を示唆します。
それは何かというと

【 年を取る事に、時間は無くなる! 】

という現象です。

言い換えれば
【 あなたの時間は、どんどん短くなる! 】
です。

極端に云えば、あなたの10年後の一時間は、50分という事です。



光陰矢のごとし

光は太陽・陰は月です。
月日が過ぎるのは早いと云う意味ですが、厄介な事にどうやら初速より後速の方が早い。
と、捉えた方がいいという事です。

ですので、才能論を含めて語った場合、若い人は焦った方がいいのです。
自分の未来に本気なら、ガッついた方がいいと思います。



「 寿命が長くなっているから問題ない 」
としても、まあいいんですけどね。

だって、地球が丸くなくても海外旅行は行けるでしょ。




時間では、タイムパラドックス不成立論も発見したのですが、これも別に日常では役に立たない論ですね。

現在の科学では、エネルギー( 存在 )の構造。
時間×空間の事ですが、時間に関する研究は殆どが謎のままです。


ちなみに関係ないですが、恋愛に関しての学問も確立はされていない様ですね。




( 補足 )

今回もややこしい構造になってました。

100年の寿命で、10年たつと残りは90年となり短くなります。
それは、当たり前の従来の時間です。
( この当たり前も自覚が難しいのですが・・・。)

次に、時間の長短を感じるという事が、実際にどうなのか?
という事です。
感じるという事は、あくまで感覚です。
この感覚が、体内時間と体外時間のズレを差します。

で、今回はその延長線上に、まだ未解析な構造を示唆した訳です。

[ 注釈でも述べましたが、この論では立証に向けての仮説が抜けています。 ]

20歳の人と50歳の人では、同じ時間を共有していても、時間の感じ方が違う。

から

それは感じ方の違いではなく。
一見同じ時間を共有している様ではあるが、実は違う時間軸に存在しており、個々の存在事に時間世界があり、それが並んでいるという事です。

更に、存在に於ける時間速度が、段々速くなるというものです。


未だ最先端科学で解明されない、時間次元の世界なんですが、
実学的に考えた時。

「 思ったより未来は厳しい。 」
「 残された可能性は想定外に減少する。 」

という、今回もまた暗い現実を提示してしまいました。


どうか皆さん、悔いの無い時間を送る為、よもやま話としてお使い下さい。

 
posted by ギャラリーZzz 臓図 at 13:14| 大阪 ☁ | TrackBack(0) |  そ の 他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

 スキマ











スキマ



スキマにスイッチがあって、そのスイッチを入れると、明るくなって全てが照らし出される、するとそれはスキマじゃなくなる。

何、言ってるんだろね私。



今回も適当に書くね。

例によって今日、ソクラテス・臓図とラファエロ・ヒラヤの恒例よまやま談義をしてきたんだけど。
( 寒い中、立ち話2時間ね )

多くの人にスキマがある。
若い人は特に、頭の中に空白が多い。

その空白が、若い人特有の全能感や不安・希望を生み出す。
年を取るとその空白がなくなり、現実・硬直となっていく。

私が20歳の頃、村上龍( 作家当時30歳 )が
「 年を取ると、刺激的と感じる事が少なくなる。 だからそれに抵抗してテニスを始めたりしたんだ。 」
と言ってるのを聞いた。

私の特殊?感覚は、当時それに納得した。
( 若い人は大人から肝心な事を学んでいないと思うよ。大人もそれを伝えていない。 )


時間の概念を身に付けると、自分が増える。
現在・過去・未来の自分だ。
私はよく、過去の自分と対話する。
例えば、どういう時ウソを付いたか?その時どういう気持ちだったか?今の俺ならどう俺に言ったか?
過去の自分は、他者だ。

こういう事をしていると、頭のスキマはどんどんなくなっていく。


女性は、部屋の中にぬいぐるみがあったり、ネコが居たりして
( 例が適当だな )
生活のスキマを埋めるのが上手かったりするけど、多くの男性は、ヘタだ。
部屋が散らかってると言うわりには、物が少なかったりする。

・本 2・3百冊
・漫画 2・3千冊
・安もんの服 4・50着
・拾ってきた物 多数
・画材・素材・工具
・チラシ・雑誌切り抜き・作成した資料の紙類

・押入れには週刊文春が2年分。

こういった訳の解からない群が、私の6畳一部屋に溢れかえっている。
ちょっと片付けると、逆に寂しくなる。

貧乏バイトの私の生活を埋めている。
スキマを埋めている。
( っていうか、モノ多すぎ )


現代人は特に孤独なものだ。
個の自由は、孤独を差す。
年を取ると友人が少なくなり、親は死に、孤独になるものである。
だから、恋人や家族が重要なんである。

私の場合、昔っから孤独に慣れてたから、耐えれる訳で。
人間は寂しいと理解してるから、何とかそれを埋めようと努力できる訳で。
多くの人は、寂しさに無頓着だ。


だから、ハタと気づいたら孤独になってて、極端に辛いんだ。


ニートとオタクの違いは、趣味があるかどうかかも知れない。
まあ、オタクは趣味を個人の全人格にする事に、ダメ感があるんだけど。
趣味のないニートは、唯辛いだけだ。

昔の村社会は、個の自由はなかったけど、人を現実的孤独からは救ってくれた。
つまり強制&共生労働だ。


よく若い人に「 夢がないなら働け! 」言うんだけど。

「 やりたい仕事が見つからない。 」
もう、そう言ってる奴は、希望という妄想にすがる、夢がない現代人だ。

社員になれば、日常が埋まる・金も手に入る。
仕事場で同僚や友人が出来る。
肩書きやダメな上司とも付き合える。
未知の経験・体験・キャリアをくれる。
女にデートの時、奢る事もできる。
ラブホにも行ける。( くーっ、羨ましい。)

そこで、夢へのステップを創るのが、ベターだ。


元々、社会主義っていうのは、万民が働くという労働主義で、人間働く事が一番の幸せなんだ。
( 民主主義は資本主義ね。 )


手塚治虫の最後の言葉は
「 頼むから働かしてくれ。 」
働いて働いて人生の隙間を埋めていく。

家族や夫婦は互いの努力が必要だが、働く事は個人の努力だ。
( モテナイ私から言わせると、恋人に至ってはもはや運なんだよね。 )
最低働く努力はしなくちゃいけないんだ。


生涯を没頭させる夢。
地獄を覚悟させる夢。
そういうものがないなら、仕事でスキマを埋めるしかない。
( 年とってコスプレできないオタクは、夢じゃない単なる趣味ね )


・・・・


えっと、脳のスキマというのは、青年期容量100の脳が3・40ぐらいしか構築されていない状態で、対策しないと年を取る事に、容量は減っていく。
せっかくあった100(希望)が、結局中年期4・50ぐらいで固まってしまう。

スキマへの不安は、未知への不安から現実対応力への衰えの不安に変わる。
年代事に、心のスキマは違う。

通常できる対策(努力)は、現実・生活を埋めていく事である。
自然の驚異を感じる事の少ない、現代の都市型自然社会は、テクノロジーを主とし、スキマの魅力が極小である。
孤独は綿々と続く存在の証であるが、それに耐えうる力が養いにくい。



私のテーマは、如何に存在のスキマを埋める魅力を発見できるか?

なんだね。 
 
 
posted by ギャラリーZzz 臓図 at 12:34| 大阪 ☔ | TrackBack(0) |  そ の 他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

 老賢巨人


5415628_826198919.jpg


「 思想の具現化 」
なんですが・・・
まあ他者には、理解が難しい訳です。

100%の確信として、私にはやる事の真実・理想が生まれます。

農業をもしやれば、農業の理想。
医療をやれば、医療の理想。
スポーツをやれば、その理想。

思想というのは、現実の分析と理想の探求ですから、ジャンルは関係ありません。



中学生頃からかな?

[ 情報さえあれば、直感的に確信に近づく。 ]

そういう能力への自覚がありました。


マンガ絵をよく描いていたんですが、マンガ家の絵を真似して描く訳です。
最初は見ながら描くのですが、ある程度描くとモノにしちゃう。
見なくても、マンガ家と同じタッチで、見本に無い姿まで描ける。
( やがて飽きて、その能力は衰えましたが )


こういう能力が、人間には備わっている訳ですね。
吸収・学習能力という奴です。


変にそういう能力があったもんで、勉強嫌いには拍車が掛かりました。

自分が、記録・記憶する必要が無い訳です。

例えば、何かに詳しい人が居るとします。
その人の話をある程度聞けば、その内容からその人がまだ見つけていない先の確信に、すぐ到達できる。

日本人は記憶を訓練されてますが、問題解決能力は発展途上国並です。

私の場合、能力を鍛える為、記号の記憶という無駄なものを捨てた訳です。


こりは、失敗でしたね。
漢字書けないし、暗算もできない。
恥ずかしいったらありゃしない。

クイズヘキサゴンで、バカ扱いが確定です。


信頼される人というのは、一般教養の上に、問題解決能力が必要な訳ですね。
東大を出て、海外で民族解放運動とかして、帰国して東大を解体するというのが、偉大な訳です。


合わせる力と外す力、両方があって初めて、事を成せる訳です。


もうこれは後の祭りで、人間の脳は20才くらいまでは、抜群に能力が伸びますが、私の年では同じ吸収に倍以上かかります。


記号の記憶で言えば、現代科学の一端は記録の進化にあります。
本から始まりコンピュータに行き着いています。

日本の教育は、コンピュータに勝つ教育ですね。
そんな不可能に挑む日本人は、素晴らしいと思います。



で、多くの日本人と違う能力が発達してしまった私。
その思想は、感覚&感情的に理解するのが、とっても難しいと思います。

もし、私の論が脳に染みると感じるなら、あなたは才能ありありです。
私と同じ能力が眠っている可能性が大です。
すでに一般教養に長けているでしょうから、信頼される人になれます。



なんのマンガだっけかな?

徳川家康が、豊臣秀頼に会うシーンがあって
家康の家臣が言う訳です。

「 秀頼は、頭が悪いので大丈夫でしょう! 」

そうすると秀頼と初めて会った家康は、家臣に怒る訳です。

「 馬鹿者!お前らは何を見ているのだ! 」
「 あれはものを知らんだけだ! 将来には徳川家にとって脅威となるわ! 」


・天下人秀吉の遺児が秀頼(ひでより)
・家康に大阪城を攻められて死んじゃいます。享年23才。
・で、豊臣家は滅亡
・このシーンは、家康がお子ちゃま秀頼と対面し、世間の噂を鵜呑みにしないところ。

・クイズヘキサゴンでバカっぷりを発揮する里田まいが、日本初の総理大臣なる可能性があるという話・・・。
「 あっ、これはさすがに無いな。 」



才能が多くを知る事で、開花します。
今の若人は、時間を無駄にして、その気を無くしています。

多くの眠れる才能を、呼び覚ますのが
私の最後の仕事です。

まあ今イベントは、100歩のうちの1歩です。
途中で力尽きる事も念頭に入れて、覚悟はしています。



宮沢賢治には、教え子達がいます。
宮崎駿も、後進を育てようとしています。

坂東玉三郎が後進の育成をしてる事への、批評がありました。
玉三郎は天才である。
天才を受け継ぐ事は無理である。と。


上記の様な才能達を超える事、それは困難かと思います。

しかし、間違った才能である私は言います。

「 不可能を可能にするのが、人間の使命である。 」

と。



老賢巨人は、戯言をはき続けなければいけません。
それが、使命です。
ラベル:徳川家康
posted by ギャラリーZzz 臓図 at 21:22| 大阪 ☀ | TrackBack(0) |  そ の 他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月30日

 偽善クリエイター











サザン桑田が14回目のAAAライブ
 ( 日刊スポーツ - 06年12月02日 22:21 )

キムタク「 寅さん超え 」最多354館上映
 ( 日刊スポーツ - 06年12月02日 10:00 )




・すいません。
・かなり煮詰まってて、リミッターがあまり機能しませんでした。





日本の夢はちっちゃい。
アメリカンドリームならぬジャパンドリームなど、まだない。

引退した上岡龍太郎が、全国区で有名になる前、関西では当然多くの番組に出ていた。
その時分に、アメリカメディアの人に聞いたそうだ。

私と同じくらいの芸能人は、どの様な生活をしているか?
答は、当然プール付きの豪邸に住み、外国に別荘があり、高級車を乗り回す超金持ちのめくるめく生活。


今は亡き開高健は、20代の頃コピーライターをしていて、売れっ子だった。その時分に、アメリカで同じくらいのコピーライターの資金レベルを調べたそうだ。
同じく超金持ち。


日本でどんなに売れても、80%以上が税金で取られ、お上の無駄遣いで、官僚や公務員やゼネコンのフトコロに入り、しがないギャンブルやフィリピン売女に消えていく。





私は長年、表現を見てきた。
芸術やメディアをずっと観てきた。
で、同時に思索・思考もしてきた。

表現者・芸術家がバカなのは、良く知っている。
表現する事と思想は別の世界だ。

優れた表現=優れた考えではない。
優れた思考=優れた表現ではない。





確かに、日本は小さな国だ。
だからこそ先人達は、日本を飛び出し世界から学ぼうとしたのではなかったのか。
表現・芸術の世界は、無限の広がりと人智を超えた苦悩・喜びの世界だ。
だからこそ、日本だけでは満足できなかったのではないか。


戦争を知らない日本人だけに、なりつつある現在。
戦争さえも、退屈かつ閉鎖的日常への、刺激・癒しにしようとする日本人。

日本では、文化をカルチャーと呼び。
ミュージシャンをアーテイストと呼び。
ワインを飲みながら、古い日本家屋に群がる。
( パートのおばちゃんは違うけど )

イジメでも沖縄でも、流行・ファッションに変化させ、後進国は発展途上国。
パラサイトシングルはニート。
老人ボケは認知症。
もう何でもかんでも、言い換え・言葉狩り。

ドイツでハーケンクロイツは、ナチの証。
未だに、いや今後も暴力と恥辱を伴なう。

日本では、ハーケンクロイツは只のファッション。
日本にはドイツ人・ユダヤ人は一人も来日していないという発想。
ファッション・ファッション・ファッション。
オシャレ・オシャレ・オシャレ
ブランド・ブランド・ブランド


 そんなに、自分が信用できんのか!
 裸のあるがままが恥ずかしいか!
 魂そのものが嫌いか!


宮崎アニメが何を伝えているか、解かっているのか。
都会に生きるな。
田舎で農業せよ、だ。

宮崎アニメで本当に感動したなら、子供にブランド服など着せてディズニーランドなど行かずに、農家で子供の頃から働かす事が正解なんだ。

宮崎駿自身よく理解しているが、自身の制作は、警官が犯罪のない世界を求めているのと、同等の意識だ。


・・・・。


大阪のラジオ局FM802は、FM大阪の人間が自社に不満をもって独立した放送局。
当時、音楽を洋楽を大量に流しまくるスタイルは、革新的だったそうだ。
そのFM802が創立まもなく展開したキャンペーンがエイズだ。

つまり、オシャレな業界・カッコイイ業界にとって、まさしくエイズは時代のトレンド。
俺たちは先端をいってるんだ!
エイズのキャンペーンは、俺たちがカッコイイ事の証だ。
( 当然薬害エイズには、言及しない。 )

で、10年経って珍しくなくなったエイズは、もうトレンド・ファッションじゃなくなったから、FM802キャンペーン終了。

なんじゃそりゃ!


エイズは、日本で年々増加の一途だ。
ホンマにカッコイイ事したいなら、会社潰す気でやれよ。
ホントに音楽が世界を変えるなら、できるだろうが。


もう日本の限界は、飽き飽きだ。
言い訳なんだよ、日本は。


ミュージシャンよ。
日本を代表するアーティスト達よ。

言ってみな。
「 私の今後の音楽活動による収益はすべて、エイズ撲滅に使います。」と。

「 最初の音楽への動機は、好きだからと女に持てたい為でした、でも本当の音楽を知った今、創り続けて売れ続ける事は、死に面している人を救う為だ。」と。


いや、エイズでなくてもいい。
癌の方がいい。
フリーセックスがまかり通る現代、むしろエイズは平和の象徴だ。
不治の病・地獄の病は腐る程ある。
地味で症例が少ないだけで、社会から相手にされない病もある。
売れてるミュージシャンが動くだけで、注目される病も多いぞ。


・・・・。


友人で天才でもある後輩と、この間話しててね。

「 イジメの問題で、スポーツやアーティストのスターがなぜ出てこないのか。 」
「 なぜスターに発言を求めないのか? 」
「 僕が尊敬する天才達は、なぜ蚊帳の外なのか? 」

と、言っていた。


ああ、そうか。
そうだな。
北野たけしもよく言うけど、どこか芸能・芸術は、それをしちゃいけない様な風土があるよな。
どっかお天道様に顔向けできない意識が、このジャンルにはあるよな。



アメリカってなんだろ?

ほら、ブラピの奥さん、金に物言わせて、恵まれない子供を引き取ってる。
マドンナもしてたっけ?
レーガン元大統領は元俳優だし。
エコカー乗り回すのが、セレブのトレンドだし。
西欧の金持ちは、ボランテェアや寄付がステータスだし。

オードリー・ヘップバーンやダイアナ妃もよく、慈善活動やっていたな。


デビ婦人や叶姉妹は、してなくても人気セレブだね。



本当はね。
イロイロできるのよ。

ジャニーズ・吉本が、収益の内0.001%を会社が存続する限り赤十字に寄付し続けるとか。
芸能人達が慈善団体を創って大きく育てあげるとか。

例えば、出川哲郎が女口説く時に
「 俺、芸能人だから世間に貢献してるんだぜ 」
って、財布から慈善団体の会員証を見せる。
面白くていい光景じゃない。

今、ネットでダウンロードとか出来るから、CDがどんどん売れなくなってきている。
それならいっそ、CD価格には必ず慈善事業への寄付金が含まれる様にしたらいいのよ。

友人の家に行ったら、CDが多い。
「 こいつ、社会に貢献してるんや、感心したわ 」
てな、具合になるかもしれない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


小林よしのりの【 いわゆるA級戦犯 】を今日読んだのだけれども、「 マッカーサーGHQが、芸能・芸術の格差法律を押し付けていってくれたら良かったのに 」って思った。

アメリカンドリームって、格差社会だものね。





 日本人が変わらなければいけない時代。
 それは、いつなんだろう?
 日本人であって、これまでの日本人じゃない時代。
 平安京議定書に効力を持たせる時代。

 もっと悪どくなって、アメリカともう一度闘った時、必ず勝てる時代。
 そのパワーで、戦争をなくせる時代。


 人間って
 人間って
 人間って変わらないよね。
 でも、それでいいの?








≪補足≫

一過性のモノでも、ファッションでも、善い事は良い事だと思います。
継続する事はとても難しい事ですし、始まりがあれば終わりは必ずあります。

何も発言しない表現者より、ミスチルの桜井などが頑張ってるのは、評価できる事です。

どうせしても変わらないと諦めるより、変わらなくてもする事、無駄でも行う行為・気持ちは、やはり偉大です。

良い行動に、必ず良い動機・良い結果がなければいけない、と言う訳では無い事を述べておきます。
posted by ギャラリーZzz 臓図 at 01:39| 大阪 ☀ | TrackBack(0) |  そ の 他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

 ☆をつけれる?→

タイトルの横に、を付けれる様にしました・・・。

青い四角に☆+のこと。
( うまく機能しなかったら、ゴメンね。 )

論を読んで、示唆が有る様でしたら、クリックをどうぞ。
posted by ギャラリーZzz 臓図 at 03:01 | TrackBack(0) |  そ の 他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。